参加者募集中(10月31日まで)

阿木川ダム

と呼ばれている。ダム右岸には資料館・レストラン・公園等の周辺整備がなされ恵那市民の憩いの場となっている。また、水質保全のための湖上の大噴水や夏の花火大会も目を楽しませる。湛水前には湖底でコンサートも開かれた。2005年(平成17年)には恵那市の推薦によって大井ダム(木曽川)と共に財団法人ダム水源地環境整備センターの選定するダム湖百選に選ばれている。

付近には恵那峡の他、女城主で有名な岩村城日本大正村美濃焼織部焼の窯元が集中する土岐・瑞浪があり、馬籠宿妻籠宿博物館明治村犬山城も比較的近距離にある。東濃地域の観光地として訪れる人も多い。

 

アクセスとしては中央自動車道・恵那インターチェンジより国道19号を経て正家交差点より国道257号へ入り、岩村方面へ直進すると到着する。公共交通機関では中央本線恵那駅より東濃鉄道バス・東野駅方面に乗り「東野向島」で下車、徒歩15〜20分で到着する。

牧尾ダム

牧尾ダムは、高さは104.5mの中央土質遮水壁型ロックフィルダム1961年(昭和36年)に完成して以来、中京圏の水がめとして上水道工業用水かんがい用水を供給している。これにより尾張丘陵知多半島は悲願の安定した水供給が受けられるようになり、特に知多西部の名古屋南部臨海工業地帯は急速に発展。トヨタ自動車の自動車工場や新日鐵住金名古屋製鐵所等へも水を供給している。

王滝川の発電用水利権を持つ関西電力では、三尾発電所(みおはつでんしょ、35,000kW)にて牧尾ダムを上池、木曽ダムを下池とした揚水発電を行っている。利水と発電を目的とした多目的ダムであるが、洪水調節機能はない。

ダム湖は付近にそびえる御嶽山(おんたけさん)にちなみ御岳湖(おんたけこ)と命名された。周辺には温泉スキー場があり、多くの観光客が訪れる。また、御岳百草丸もこの近辺で作られている。

味噌川ダム

味噌川ダム(みそがわダム)は、長野県木曽郡木祖村木曽川水系木曽川に建設されたダム。高さ140メートルのロックフィルダムで、洪水調節不特定利水上水道工業用水水力発電を目的とした水資源機構多目的ダムである。ダム湖(人造湖)の名は奥木曽湖(おくぎそこ)という